読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画鑑賞日記。

映画鑑賞の記録を残したいので、自由気ままに映画のあらすじと感想を書いてます。

パディントン


パディントンを見てきました。

この話の原作はイギリスの児童文学で、たくさんの言語に翻訳されていて世界中とても人気です。

ではあらすじを書いていきます。


パディントンの両親はペルーの森に住んでいる言葉が話せる珍しいクマで、たまたまペルーを探検しに来た冒険家と仲良くなります。

そして別れの時にその冒険家から帽子をもらい、自分の住むロンドンに来たらもてなしをすると言われます。

ここまでが過去の回想です。

パディントンは両親とペルーの森でマーマレードを作りながら、静かに暮らしていました。

しかしいきなり地震が来て、住んでいる家と父親を失ってしまいます。

家がなくなってしまったので、母親はクマの老人ホームへ、パディントンは父親の形見の帽子をかぶり、ロンドンへ住む家を探しにいきます。

ロンドンの駅に着いたパディントンは運良く、ブラウンさんに1泊だけという約束で家に泊めてもらえます。

泊めてもらったのはいいのですが、パディントンはお風呂の使い方がわからないのでいきなり家を水浸しにしてしまいます。

それを見て主人のブラウンさんはパディントンを市役所へ連れて行くと言います。

しかしブラウン夫人はパディントンが可哀想なのでパディントンの帽子を手掛かりに昔ペルーに来た冒険家を探そうとします。

次の日、ブラウン夫人の知り合いの帽子に詳しいグルーバーさんを訪ねます。

グルーバーさんのお陰で冒険家が地理学会の一員であることがわかります。

ブラウン一家は冒険家が見つかるまでパディントンの面倒をみることにします。

パディントンを通してもともとバラバラだった家族がまとまります。

しかしパディントンが1人で留守をしている間にパディントンを狙うミリセントがパディントンを捕まえに来ます。

なんとか逃げたパディントンでしたが、いろいろとあって家が火事になってしまいます。

それに責任を感じたパディントンは置き手紙を残し、ブラウンさんの家から出て行きます。

パディントンは自分の力だけで冒険家を探しに行きますが、ミリセントに捕まってしまいます。

ミリセントの父親はパディントンの探していた冒険家で、非常に珍しい種であったパディントンの両親を標本にしなかったことで地理学会から反感を買い、追放されてしまいます。

だからミリセントは自分の父親ができなかったことをやろうとパディントンを標本にしようとします。

それを知ったブラウン一家はパディントンを助けにいきます。

間一髪でパディントンを救い出したブラウン一家でしたが、ミリセントに追い込まれてしまいます。

しかしブラウンさんはパディントンの大切さに気づいたので、パディントンを渡さないと言います。

そしてミリセントをなんとか倒します。

その後パディントンはブラウン一家と楽しく暮らします。

物語はここで終わりです。


感想としてはまずパディントンが可愛いかったです。

お風呂の使い方がわかんなかったり、セロハンテープに絡まったりとちょっとドジなとこがとてもいいです。

そしてブラウンさんが頑固だけどいつも家族のことを考えてるいいお父さんなのがよかったです。

私の1番印象に残ったシーンはミリセントに追い込まれてた時にブラウンさんが「パディントンは大切な家族だから渡さない」と言ったところです。

ブラウンさんは初めは問題ばかり起こすパディントンのことが好きではなかったのですが、時間が経つに連れてパディントンのことを家族として見るようになります。

そんなブラウンさんの家族を守ろうとする姿にとても感動しました。

この映画は家族の大切さがわかるとてもいい映画なので親子で見に行くといいと思います。